ハゲたくないなら禿げないための予防をすること!

禿げないための予防

AGAや薄毛は発症を予防出来るって知ってた?【禿げないための予防】

  • 最近抜け毛が増えてきたような気がする・・・
  • 親がハゲてるから将来が心配・・・
  • このままどんどん薄くなっていってしまうかも・・・

毎日薄毛やハゲに悩み色々とネガティブに考えてしまうかもしれませんが

若ハゲ部長5

実はAGAは環境要因や、生活習慣など様々な要素によって発症する病気なので、1個の遺伝子情報だけではAGAのリスクはあっても発症するとは限らないと知ってしましたか?

知らなかった人も知っていた人も、ただ漠然と思っているだけでは何も変わりません!自分にきちんとあった禿げないための予防をしなければ頭髪は後退していき薄毛が確実に進行していくだけ。

そこで今回は家族や親族に薄毛がいても、あなたがAGAを発症しない為の禿げないための予防法についてまとめてみました。

いつまでもその髪型かっこいいね!と言われる男性でいたい!そんな人必見です。

ハゲ・薄毛の原因から禿げないための予防を今から考える

禿げないための予防頭皮が重要

AGAを防ぐためには前知識が必要になりますが、そもそも髪の毛は皮膚の一部からできているということをご存知でしたでしょうか。

若ハゲ部長5

髪の毛が生える役割をになうのは頭皮。ここのコンディションが悪いと丈夫な髪の毛が生えません。

当たり前ですが頭皮も顔の皮膚にシワが刻まれるのと同じように、年齢を重ねるほど老化していくのです。

髪の毛が減る本当の原因は?

禿げないための予防原因

薄毛になるのは“抜け毛が増えて髪の毛の本数が減るせい”だけだと思いがちです。確かに抜け毛が増えることは薄毛になる原因の1つとして正しいのですがこれだけではありません。

若ハゲ部長1

抜け毛の本数の目安として1日に100本程度までなら心配する必要はないのです。本当の原因は頭皮が老化することにより、髪の毛の1本1本が痩せていくこと。

特に頭皮にトラブルがあった場合、それを放置したままだと、さらに頭皮の老化が進みます。

皮膚自体が固くなって血の流れまで悪くなり髪の毛に栄養がいきわたらなくなるのです。

頭皮が健康でなければ丈夫な髪の毛は生えない

AGAが原因の薄毛は禿げないための予防から
キレイに咲いてる草花や観葉植物でも水や肥料を与えなければ枯れるのと一緒で、植物も髪の毛も土壌という環境が大事なんです。

血流の悪くなった頭皮に生える髪の毛の毛根は数が減少し、髪の毛自体も弱っています。この為さらに薄毛が進行してしまうのです。

何故頭皮が弱るのか。そもそもの薄毛の原因は?

ハゲ・薄毛には主に、“男性ホルモン、環境要因、遺伝的要因”の3つの要因があるといわれています。

若ハゲ部長5

中でも特に影響があるといわれているのが男性ホルモンと環境要因。

特に男性ホルモンが原因でAGA(男性型脱毛症)を発症してしまう人は少なくありません。

そしてもうひとつ。ハゲ・薄毛に大きな影響をもたらしているのが環境要因、つまり“生活環境”だといわれています。

ハゲ・薄毛の原因になりがちな生活環境とは

頭皮や髪の毛を悪くする原因に

睡眠不足

睡眠は髪の休息、補修、育成タイムであり、その時間を奪ってしまうことが薄毛に繋がってしまうことがあります。

食生活

偏った食事は栄養バランスを乱し、抜け毛の原因に。

お肉やファストフードの食べ過ぎは頭皮の健康状態を悪化させることがあるので、栄養バランスを意識した食事を摂るよう心がけましょう。

ストレス

ストレスが多い生活を続けているとホルモンバランスが崩れたままになってしまい、代謝障害や血行不良も出現して、髪の毛にも悪影響が出てしまう可能性があります。

シャンプーやカラーリング

間違った方法でシャンプーをしたり、髪の毛をカラーリングしたりすることで頭皮が傷み、抜け毛を促してしまうこともあります。

このような毛が減り続ける状態=薄毛スパイラル(=薄毛の連鎖反応)に陥ると大変。ハゲてしまう危険性がどんどん高くなっていきますよ!

育毛剤ちゃん

薄毛スパイラルになる前に育毛対策を始め、しっかりと禿げないための予防していきましょう!

禿げないための予防法8選

禿げないための予防頭皮ケア

薄毛や抜け毛の進行を防ぐ為に必要なのは食生活を含む頭皮の環境改善です。

若ハゲ部長5

頭皮環境を整える為にはまず、ヘアサイクル=毛周期を正常にする必要があります。

そのために、あなたが取り組まなければならないことをまとめてみました。

禿げないための予防【頭皮ケア見直し編】

頭皮ケアは薄毛の人にも薄毛予備軍の人にも大切な禿げないための予防対策です。

禿げないための予防①抜け毛をチェック

まずはどのくらい抜け毛があるのかチェックしてみましょう。

1日の髪の毛の抜ける平均的な量は30本~150本といわれていますが、髪の毛にも寿命があり、自然に抜ける毛なので問題ありません。

1日に抜け落ちる毛の量が、150本以上ありそうだと感じている人は、予備軍である可能性があります。

禿げないための予防②正しいシャンプー方法を実践する

禿げないための予防抜け毛には育毛シャンプー

まず第一に、シャンプーは手のひらで泡立ててから頭皮に塗布しましょう。

そのまま頭皮にべちゃっとシャンプーをつけていませんか?手のひらで、もこもこに泡立ててから塗布する習慣をつけましょう。

詳しいシャンプー選びやシャンプー方法はこちら(育毛シャンプーおすすめランキング!【育毛シャンプーの選び方解説】

禿げないための予防③頭皮のマッサージ方法

育毛剤ちゃん

頭皮のマッサージを日常のケアに取り入れることで、頭皮の血行が良くなり毛が抜けにくくすることが期待できるといわれています。爪を立てずに指の腹で頭皮をほぐしてあげましょう。

特に体が温まっている、入浴中やお風呂上りのマッサージがおすすめです。

詳しい頭皮マッサージはこちら(美容師に聞いたハゲにきくシャンプー&マッサージ!

禿げないための予防【生活習慣見直し編】

上にも書いた通り、生活習慣が抜け毛に及ぼす影響は大きいです。

まずは睡眠から見ていきましょう。

禿げないための予防④十分な睡眠をとる

禿げないための予防抜け毛が増えても治るの??

普段睡眠時間があまり取れないという人は、できるだけ上質な睡眠をとるよう心がけましょう。

また睡眠時間はしっかりとったのに体がだるい人や、すっきりしない人は睡眠の質が悪いのかもしれません。ストレスが関係している可能性がありますので、ストレス解消法を試して見ましょう。

禿げないための予防⑤運動をする

運動は、抜け毛対策におすすめだと言われています。

「忙しい日常に運動なんかしている暇ないよ・・・」という人が多いのではないでしょうか。

では通勤タイムを運動タイムに変えてみてはいかがでしょう。降りたい駅の1つ前の駅で下車し1駅分を歩いてみましょう。これだけでも十分運動にはなりますよ。

禿げないための予防⑥ストレスをためない

育毛剤ちゃん

ストレスをためてしまうことが抜け毛には大きく影響するといわれています。

ストレスを発散する方法はたくさんあります。

  • 好きな場所に出かけてみる。
  • 好きな本を読んでみる。
  • 好きな人に会ってみる。

人によってストレス解消法は様々ですが、自分のストレス解消法がない!という人はまずは遠くに出かけてみては?非日常的な光景はストレスを発散させてくれるのではないでしょうか。

他にも詳しいストレスからくる薄毛の解消方法はこちら(ストレスが原因の薄毛は治る!?暇がない人にも出来る簡単対策法

禿げないための予防⑦食生活を見直す

禿げないための予防抜け毛に困ってる人の原因や育毛の効果

偏った食事を止め、抜け毛対策に適した食べ物を摂取するようにしましょう。

若ハゲ部長5

育毛に必要な成分は、たんぱく質・ビタミンC・ビタミンB・ビタミンE・亜鉛・ イソフラボンなどがあります。それらをバランスよく摂取することが成長を促進する要因です。

が、毎日の食事で欠かさずバランスよく栄養をとるのは難しいこともあるでしょう。

特に、家の外で食事をすることが多いと、栄養のバランスが偏りがちです。

そのような場合は、食事で不足した栄養分をサプリメントで補っていきましょう。

禿げないための予防でおすすめ育毛サプリはこちら

現在業界で最も注目されている育毛サプリ!!

イクオスサプリの詳細はこちら↓↓↓

育毛サプリ イクオスサプリEX

禿げないための予防⑧育毛剤を使用する

8つめの予防法として、これまでご紹介してきた生活習慣の改善にさらにプラスするのであれば、育毛剤を使用することが挙げられます。

若ハゲ部長5

市販されている育毛剤にはさまざまな種類がありますが、育毛剤の主な目的は「血行の改善」「頭皮への栄養補給」「5αリダクターゼの阻害」など。

血行の改善を促すことを目的とする育毛剤には、「センブリエキス」「ジフェンヒドラミンHC」などが配合されています。

そして、頭皮への栄養補給を目的とする育毛剤には「ビタミン類」「アミノ酸」などが、さらにAGAの原因をつくる5αリダクターゼを阻害する目的の育毛剤には、「オウゴンエキス」などが配合されています。

ひとくちに育毛剤といっても、商品によって配合されている成分や、それぞれの成分の含有量は異なります。購入する際には、成分や含有量をチェックするようにしましょう。

禿げないための予防におすすめ育毛剤

医師が認めたクリニック発の育毛剤

チャップアップ 解約方法

薄毛男性の中でもこんな人におすすめ

  • 配合されている成分の質が高く、薄毛に効果的な育毛剤を使いたい人
  • 育毛促進だけでなく、抜け毛の予防効果も期待できる育毛剤を使いたい人
  • 育毛剤とサプリメントを併用して本格的な薄毛対策に取り組みたい人
  • 発毛クリニックの医師が推奨する数少ない本物の育毛剤を使いたい人
おすすめ育毛剤チャップアップ公式ページ

AGAを発症しない人もいる

昔から、「薄毛は遺伝する」と言われてきました。

もし、薄毛の原因が遺伝だとすれば、遺伝子は自分の力で変えることのできないものですから、薄毛を予防するのは無理ということになります。

実際のところ、薄毛には遺伝が影響していることがわかっています。

詳しいことはこちら(薄毛の遺伝説は本当なのか?薄毛は○○の影響を受ける!)にも書きましたが、AGAに関する遺伝子は現在複数個わかっていて、これらの遺伝子を持っていると将来的にAGAを発症する確率が高まると言われています。

ですが、家族にAGAが原因の薄毛の人がいてもまだ諦める必要はありません。

AGAは環境要因や、生活習慣など様々な要素によって発症する病気なので、1個の遺伝子情報だけではAGAのリスクはあっても薄毛を発症するとは限らないんです。

禿げないために今から薄毛を阻止しよう!

禿げないための予防方法

薄毛は遺伝が原因であると言われてきたために、「予防できないもの」だと思っていた人も多いことでしょう。

しかし、現代の医学によって遺伝だけではないことがわかった今では、予防の有効性に希望が見えてきたのではないでしょうか。

若ハゲ部長5

薄毛には、生活習慣のさまざまな要因が影響していると考えられています。

そのため、AGAを発症した人の原因は人それぞれであり「この予防策だけ実行していればよい」といった完璧な方法はありません。

主な予防法として8つをご紹介しましたが出来るものから、そして可能であればいくつかの方法を組み合わせて実践してみてください。

栄養をしっかりととっても血行が悪ければ髪は育ちませんし、栄養状態にも血行にも問題がなくても、十分な睡眠をとっていなければ、やはり髪は育つことができません。

総合的に生活を改善していくことが、禿げないための予防につながります。

ローマは一日にして成らずと言いますが薄毛予防は一日にして成らず。継続は力なりだと心に刻み、今日から禿げないための予防に取り組みましょう!

TOP⇒育毛剤おすすめランキング!今最も期待できるおすすめ育毛剤は?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017