筋トレするとハゲるは本当?嘘?

筋トレでハゲるは本当か?

衝撃の事実!筋トレをするとハゲる人がいる!?

筋トレをするとハゲる」という噂が真しやかに広まっていますが

それは果たして本当なのか?

この噂は、半分本当で半分嘘です。

曖昧な答えに「どっちやねん」と突っ込みが入りそうですが。筋トレをするとハゲる人、筋トレをしてもハゲない人というのが存在するんです。

筋トレとハゲ・薄毛については様々なことが言われていますが、「筋トレをすると男性ホルモンが増える」のは間違いありません。

ただ、この男性ホルモンが厄介なもので、人によっては筋トレをすることでハゲてしまうんです。

ここでは、筋トレをするとハゲる人、ハゲない人の違いについて説明していきます。

なぜ筋トレをするとハゲると言われているの?

筋トレはハゲるのか

まずなんで筋トレするとハゲるって言われるようになったかですが、おそらく男性ホルモンの説が有力だと思います。

筋肉をつけるということは男性ホルモンの分泌量が増えるから、多いほどハゲやすいのでは?と連想されたと考えられます。(エロい人はハゲるという説もこれと同じですね)

たしかに筋肉量が増える仕組みは男性ホルモンによるものであり、筋トレをすると男性ホルモンの分泌量が増えることがわかっています。

男性ホルモンの量が多いから必ずハゲるってわけでもない!

筋トレ ハゲるのは嘘

ボディビルダーやアスリートなどのプロスポーツ選手は、一般人よりも筋トレを遥かに行っていますが、全てのプロスポーツ選手の髪の毛がハゲている訳ではありませんよね。

筋トレで男性ホルモンが増えることが、ハゲの原因ではなく、この場合AGA(男性型脱毛症)の疑いがあります。

実はハゲる原因は筋トレをする事で増加する男性ホルモンが原因ではありません。

増加した男性ホルモンの中に含まれるテストロステロンがハゲ因子DHT(ジヒドロテストステロン)に変化して脱毛指令を出すことが原因なんです!

で、このテストロステロンがハゲ因子DHTに変化するかどうかは、生まれつきの体質や遺伝が大きいです。

つまり遺伝的にハゲやすい人は、”悪性男性ホルモンハゲ因子DHTの影響を受けやすい体質”だと言い換えることができます。

筋トレをしてハゲる人、ハゲない人の違いは?

筋トレでハゲるのは遺伝

遺伝的にハゲやすい人は、”悪性男性ホルモンハゲ因子DHTの影響を受けやすい体質”だと先程言いましたが、筋トレをしてハゲる人、筋トレをしてもハゲない人の違いは以下の通りです。

筋トレしてハゲるかハゲないかは
  1. AGAを発症しているか(将来発症する可能性があるか)
  2. 髪の元になる栄養は不足していないか

 

この2つ!

上記に当てはまると筋トレをすることでハゲる可能性があります。当てはまらなければ筋トレをしてもそうそうハゲません。

筋トレでハゲる人はどんな人?

筋トレでハゲるのはこの遺伝子

筋トレをして男性ホルモンが増えるとハゲる人の共通点は、AGAを発症している、もしくは将来AGAを発症する可能性が高いかどうかです。

将来自分がハゲるかどうかは、母方の家系で決まるといわれています。詳しくはコチラ!(薄毛の遺伝説は本当なのか?

これは隔世遺伝と呼ばれるもので、両親に遺伝的要素(薄毛の症状)が現れていなくても、その子供に祖父母の遺伝的要素が発現することが多いからです。

ちなみにこれは祖父母から両親を飛び越して孫に遺伝しているというわけではなく、両親にも遺伝しているがその症状が表に出てこなかったと考えるのが一般的とされています。

ここで身内にハゲている人がいたら要注意!他の人よりもAGA(男性型脱毛症)を、将来発症する可能性が高いです。

AGAのポイント 筋トレとハゲの関係AGAを発症すると

生え際が後退しておでこが広くなる

生え際が薄くなる

頭頂部の髪が薄くなる

生え際と頭頂部の両方が薄くなる

 

といった男性特有の薄毛症状が出てきます。

遺伝的に薄毛因子を持っていると筋トレでハゲる

筋トレでハゲるのはこんな人

男性ホルモンがハゲを引き起こすわけではない。

男性ホルモンが悪性男性ホルモンに変質した時にハゲるんだ!

と先程も言いましたが、AGAと男性ホルモンは密接に関係しています。

何故なら、AGAは男性ホルモンが薄毛を招くDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまう事で発症するものだから。

ただ、誤解しないでほしいのは、男性ホルモンが増える = AGAを発症する(薄毛になる)のではなく、男性ホルモンがDHTに変換されてしまうことがAGAの原因(薄毛の原因)です。

AGAの詳しい発症メカニズムはこちら

若はげの原因AGA!知らなきゃさらにヤバい事に!

つまり、筋トレをして男性ホルモンの分泌量が増えたとしても「AGAを発症していなければハゲることはない」ということ。

自分が筋トレでハゲる体質か分からない時は・・・

筋トレは遺伝でハゲる

筋トレの前に「あなた自身が薄毛遺伝子を持っているかどうか」をハッキリさせる事が必要!

知らず知らずに筋トレをしてハゲるのも嫌ですからね。健康のため、自分磨きのために始めた筋トレで外見が嫌な方向に変わるなんて元も子もない!

AGAの発症(将来発症する可能性)さえハッキリしておけば、筋トレをして男性ホルモンが増えたところでハゲる事はそうそうありません。

筋トレでハゲる?まずはAGAセルフチェック

自分は薄毛遺伝子を持っているのか簡単に分かるAGAセルフチェック法は、こちらで書いたので一度確認してみてください。詳しくはコチラ!(薄毛の遺伝説は本当なのか?

セルフチェックではなく、もっと確実に自分が薄毛遺伝子を持っているか確認したい場合は、AGA遺伝子検査キットなどを使用することで判断することができます。

もしくは病院でもAGAの検査を行っているところがあるので、そちらを試してみること。

AGAスキンクリニックなんかは全国40か所にあるので比較的近所の医院を選びやすいです。

AGA治療についても無料相談サービスをしているので無料のうちにフル活用しましょう。病院であれば専門的なアドバイスと改善方法を知る事ができますよ!

【全国】のおすすめクリニック

筋トレでハゲたらAGAスキンクリニック

発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】 

筋トレとハゲ カウンセリング

AGAだけど筋トレしたい!でもハゲは嫌!

有酸素運動はOK!

筋トレでも有酸素運動はハゲない

遺伝的に薄毛になりやすい人は筋トレでハゲが進行する可能性がある、とお伝えしましたが、これは『筋トレ』に限った話です。

問題なのは筋トレ、つまり、筋力の増強を目的としたトレーニング。ウェイトトレーニングとか、ダンベルとかですね。

ウォーキングなどの普通の運動はOKです。むしろ、有酸素運動にはDHTを減少させる作用があると報告している研究もあります。

 

 

ハゲ因子を持つ人が筋トレするには?

筋トレ 男性ホルモンでハゲる

両親とか親類がハゲていて筋トレでもハゲるんじゃないか心配。

あるいは、既にちょっと薄くなってきている。

という人は筋トレを始める前に、予防的にプロペシア(フィナステリド)を飲んでおけば、ハゲがこれ以上進攻することは阻止できます。

プロペシアの薄毛進行阻止率はほぼ100%なので、事前に飲んでおけばハゲる心配はほとんどありません。

ただ、前に書いたのですが副作用もある薬なので、服用に際しては医師の診察を受けるようにした方がいいです。(筆者は副作用で断念しました)

プロペシアの副作用が怖い場合は、ノコギリヤシが配合された育毛サプリメントを事前に服用することをおすすめします。

ハゲを喰い止める!ノコギリヤシとは?

筋トレ前にノコギリヤシでハゲない

ノコギリヤシとは北アメリカに生息するヤシ科のハーブのこと!

生命力が強く、インディアンたちが古くから食していたことで知られています。

このノコギリヤシ、ですが科学的根拠がない訳ではありません。

元々は前立腺肥大症の治療薬としても使用されていたのですが、患者の間で薄毛が改善されたことが分かり、薄毛治療の研究もされるようになったんです。

実はプロペシアの有効成分であるフィナステリドは、このノコギリヤシの成分をヒントに作った物なんですよね。脱毛ホルモンと言われているDHTの働きを阻害します。

ノコギリヤシはサプリメントや育毛剤として使用できるので詳しくはこちらを見てください。

オススメ育毛剤はコチラ

オススメ育毛サプリメント

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
Pocket