男性ホルモンでハゲるって本当!?

『男性ホルモンが多いとハゲる』説のウソ・ホント

男性ホルモンでハゲるって?

男性ホルモンが多い=ハゲ(男性型脱毛症)になりやすい』

どこかで一度は聞いたことがありませんか?疑いなく信じている人も多い非常にポピュラーな話です。

「薄毛の原因になるなんて男性ホルモンは悪いヤツなのか?」

「筋トレしたい・・・けど男性ホルモンが増えたらハゲるかも・・・」

世の男性達をまどわす、「男性ホルモンが多い=ハゲ」実に悩ましいこの説・・・はたして医学的に本当なのでしょうか?

男性ホルモンが多い=ハゲるは半分嘘

男性ホルモンでハゲるのか悩む男性

男性でひげが濃いのに頭が綺麗に禿げ上がってる人。なんでだろう?と思ったことないですか?

体毛が濃くて熊みたいなタイプでもまったくハゲない人。

おなじような体質に見えるのに頭だけ禿げ上がってしまっている人。

不思議だなと。

そうなんです。体毛が濃いからといってみんながみんな禿げ上がるわけではないんです。

男性ホルモンが多いとハゲるとも限らない

確かに男性ホルモン(主に「テストステロン」)は、眉毛やまつ毛、そして髪の毛など“体毛の発育”に関係している…これは間違いありません。

男性ホルモンが多いとハゲると頻繁に言われるようになったのは、この事実からきていると思われます。

ですが・・・

『男性ホルモンが多い=ハゲる』

この単純公式が成り立つなら、男性ホルモンが大量分泌される思春期〜30歳代の男性はみんな薄毛に悩んでいることになります。しかし、実際に若い男性の頭を見ると、そのほとんどがフサフサ。

事実、男性ホルモン「テストステロン」によって毛が抜けてしまうという研究データは今のところないそうです。

男性ホルモンに纏わる恐怖の黒幕、ついに判明!

男性ホルモンでハゲる(脱毛因子)

“男性ホルモン”そのものが直接的に薄毛を引き起こすワケではないらしいことは分かりました。では、その恐怖の黒幕とは一体何でしょうか?

真実を知るカギは、私達の血液中に存在する「5a還元酵素」という物質にあります。

この酵素には男性ホルモン「テストステロン」を、強力な悪玉ホルモン「ジヒロテストステロン」に変換させる力があります(変換力には個人差あり)。

そして、この「ジヒロテストステロン」の濃度が高いと、毛嚢(もうのう※)が衰えて髪が抜けてしまうことがわかったんです。つまり、この「ジヒロテストステロン」こそが、悪の親玉であり真の黒幕なんです!!

男性ホルモンでハゲてしまう ハート

ちなみに最近、「AGA(エージーエー)」という言葉がTVや雑誌などで注目されていますよね。

このAGAとは男性ホルモンに起因した脱毛症のことを指すのですが20代〜50代と幅広い年齢層の男性に多くみられ、現在薄毛に悩む1260万人の日本人男性の95%がAGAであることが判明しています。

男性ホルモンでハゲるのは遺伝?

 

このAGAは遺伝や男性ホルモンが大きく関わっていると考えられており、前頭部や 頭頂部などの特に男性ホルモンが多く分泌される部分から髪が薄くなる傾向があります。

何が怖いかってAGAは放っておくと薄毛の範囲が広がってしまうという特徴があること!

進行性の脱毛症である為、気づいたときにすぐ行動することが大切です。

男性ホルモンがハゲる原因は毛周期サイクルにあり

男性ホルモンでハゲる?ヘアサイクルの図

人間の毛髪には1本1本寿命があって、一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返します。

このヘアサイクルは人間の場合一生で約50回と決まっているのですが、正常なヘアサイクルの周期は約2~6年なので、寿命を考えると50回のサイクルを使い果たすには2×50=100年かかることになり通常ハゲることはありえません。

ですがこの正常なサイクルが狂うと毛髪の寿命が縮まり、数ヶ月から1年で成長を止めてしまい、薄毛や抜け毛が増えハゲることに・・・。

男性ホルモンがハゲるメカニズム

男性ホルモンDHTでハゲるメカニズムの図

正常な毛髪サイクルが保たれていれば、通常なかなかハゲることはないんが、このサイクルを乱す物質が存在します。それが、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる悪玉男性ホルモンの一種。

DHT 男性ホルモン ハゲる本来であれば男性に必要な筋肉や骨格の発達を促す重要な働きをするホルモンなのですが、思春期を過ぎると、AGAなどの症状を引き起こす悪玉男性ホルモンへと変化してしまいます。

この男性ホルモンDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつくことにより、頭髪を育む毛母細胞が攻撃され、髪の毛の正常なサイクルを狂わせます。

結果・・・髪の成長が阻害されてしまい、ハゲてしまうんです。

男性ホルモンDHTでハゲるのを防ぐポイントは脱毛因子を抑えること!

AGAが引き起こす仕組み
  1. AGAを引き起こす物質(DHT)が働く
  2. 男性ホルモンのバランスが崩れる
  3. ヘアサイクルが乱れる
  4. ハゲる

 

今までの説明をまとめると上の流れがAGAを引き起こしハゲる仕組みです。

ちなみに自分がAGAであるかを知っておくと早めに対策ができますよ。医療機関や通信販売の検査キットを用いて粘膜を採取するだけで検査ができます。

AGAの遺伝子を持っていることが判明した場合は、脱毛因子の抑制を含む総合的な対策が必要です。

男性ホルモンでハゲるのを防ぐ方法がある

男性ホルモンでハゲるのを防ぐには?
…脱毛因子TGF-βを阻止する

男性ホルモン ハゲる 成長因子

男性ホルモンの脱毛因子「TGF-β」とはトランスフォーミング増殖因子ともいい、分泌タンパクの一種で、5種類(β1~β5)存在します。

TGF-βは細胞の増殖や分化を抑制し、細胞死を促すのですが、この因子のなにが怖いかって、薄毛特有の物質というわけではないこと!

例えばガンです。TGF-βが及ぼす影響はハゲるだけじゃないんですよね。

ホルモンと自律神経失調症の関係は意外と深く、人はストレスを感じるとTGF-βが過剰に蓄積され、ホルモンバランスが崩れます。

そうなると男性の場合、男性ホルモンが優位になってしまい、ここで薄毛を進行させる(=ハゲる)ことにつながるんです。

対抗因子「FGF」 

それとは逆にFGFは角質細胞増殖因子とも言われており、線維芽細胞をはじめとする多くの細胞に対し増殖を活性化させたり分化を誘導したりする因子です。

FGFは毛母細胞から産生され増殖や分裂を促し発毛していると考えられているので、この働きがTGF-βを上回るほど活性化させれば正常なヘアサイクルになると言われているんです。

この考えから考案されたのがHARG治療という施術!

HARG治療とは

男性ホルモンでハゲない為にHARG治療
HARG治療は今、注目を集めている再生医療の応用で、人間の幹細胞から抽出された150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入する施術です。

FGFもこの成長因子のひとつですね。活性化した毛母細胞は治療を終えた後も活発に活動します。

価格は1クール(6ヶ月)約100万円と安いとは言えませんが、施術を受けた9割以上の患者さんが3ヶ月あまりで発毛を実感されているということです。

ヒトの細胞なので、拒絶反応を起こしたり副作用があったりという心配はありません。また、HARG治療は認定された医療機関しかできない施術です。

⇒おすすめクリニックはこちらゴリラクリニック

<初回体験コースがついて良心的なクリニック>

AGA治療薬(フィナステリド、ミノキシジル、オリジナルサプリメント)の3点セットが処方されます。 個人差はもちろんありますが服用して半年間の間に効果が実感される方が多いのが特徴。中には2~3か月の短期間で効果を実感される方もいるようです。

3ヶ月あまりで発毛を実感!?とはいえ・・

ただやはり半年で〇〇万は高い・・・。

男性ホルモンでハゲない為に 低価格治療

治療にそこまで高額なお金掛けられないけど、手軽に同じような治療を受けてみたい!という方におすすめなのは成長因子の入ったスカルプエッセンスですね!

特にスカルプエッセンスの中でもモンゴ流Deeper3Dは、発毛率が90%を超えるほど高い最先端の毛髪再生医療(HARG治療)と同じ成分を使うことが出来ます。

直接頭皮に注射するよりも効果は落ちるけど、育毛剤としてHARG療法とほぼ同じ成長因子を取り込もうという発想で発明されたのがモンゴ流Deeper3Dです。現在筆者も使っていますが断然髪が前よりも生き生きしてきた感じがします。

⇒Deepre3Dの詳しい体験談はこちら

男性ホルモンでハゲるのを防ぐには?
②…5α還元酵素の働きを阻止する

男性ホルモンでハゲるのを防ぐ対策として有効なもうひとつの手は、DHTの生成の素となる5αリダクターゼの働きを抑制、阻害する方法です。

5αリダクターゼを抑制する成分としては「ノコギリヤシ」「亜鉛」「M-034」が有名ですね。

他には医薬品ですが「プロペシア」が有名です。ただプロペシアは副作用が起こる可能性があるため、医者による処方になります。

最近では5αリダクターゼを抑制する植物エキスや海草エキスを配合した育毛剤も販売されており、非常に人気です。

⇒5αリダクターゼを抑制する育毛剤

男性ホルモンでハゲるのを防ぐには?
③…コラーゲンに着目する

また2016年、薄毛で悩む人たちにとって大きなニュースになったのが、東京医科歯科大学の西村栄美教授らによる研究成果。

加齢による薄毛はコラーゲン減が要因?

毛を生やすのは「毛包」という器官。毛包がうまく働かないと、脱毛しやすくなったり、薄毛になったりすることが分かっている。研究チームは、毛包の基となる幹細胞が、年をとると毛包に育ちにくくなる現象に着目。

マウス実験では、老化で幹細胞のDNAに傷が残り、「17型コラーゲン」を分解する酵素が多く出るようになっていた。

17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包が小さくなることを突き止めた。 人の頭皮でも50~70代の毛包は20~30代より小さく、17型コラーゲンの量も減っていた。

(引用:日本経済新聞

つまり最近の研究で分かったのはコラーゲン不足と薄毛の関係です。

コラーゲンが減少すると毛根への栄養がいきわたらなくなるため、髪は古い状態のままずっと滞ってしまうことになりハゲるというもの。

コラーゲンが減ってしまうと、髪の艶がなくなり、パサパサで栄養のない細くて弱弱しい髪しか生えてこなくなってしまいます。
最悪の場合にはそのまま毛根から抜け落ちてしまうことも!

このコラーゲンが欠けてしまう大きな要因として大きいのは加齢の他にストレス!

男性ホルモンとストレスでハゲる男

現代では特に肉体的にも精神的にも大きなストレスを感じている人が増えていると思いますが、「男性ホルモンよりストレスでハゲる」というのはあながち嘘でもないんですよね。

仕事での過労や人間関係、睡眠不足、暴飲暴食などなど、生活のあらゆる点でストレスは発生しますが、ハゲてしまわないために、できるだけストレスをためないようにしたいもの。

コラーゲンを十分に取り入れていれば、頭皮の真皮部分に栄養がしっかりといき届き、その栄養によって新しい強い髪の毛が作られます。

コラーゲンサプリなら巷にたくさんあるし、女性なら美容にもうれしいというし、簡単じゃないか!!と思ったのですが・・・

どうやらこの毛髪にかかわる頭皮内のコラーゲンは、サプリなどでは摂取できないようです。

たしかに実際、コラーゲンサプリを摂っても体内でアミノ酸に分解されてしまいますからね。(微々たる効果はあると思いますが・・・)

今のところは頭皮にコラーゲンを塗って浸透させて頭皮にコラーゲンを補充した方がまだ効果があるそうです。

完全にハゲる前の男性ホルモンDHTの抑制が鍵!

男性ホルモンでハゲる前にやること(鍵)

ハゲる噂は男性ホルモン以外にもあって、例えば筋トレするとハゲる、オナニーをするとハゲる、シリコンシャンプーはハゲるなどまだまだ沢山あります。

噂の真理を紐解いていくと「真実ではないけど、間違っていない」ものが多く、半分本当で半分嘘といえる薄毛の噂が8割を占めています。

噂など本当は気にせずにいたいものですが、薄毛の悩みがあると気になって仕方ないことでもありますよね。

男性ホルモンに関しては、AGAを発症している・疑いがある・髪の栄養が不足している、この部分さえハッキリしておけば、筋トレやシャンプーをしたくらいでハゲ・薄毛になることはないので過度に心配する必要はありません。

ですが、20代30代とまだ若いにも関わらず「生え際が後退している、または薄い」「頭頂部の薄毛が気になる」という方は、これ以上薄毛を進行させない為にもAGA対策を実践して下さい。

若ければ若いほど、髪の毛は生えてきやすくなりますし、完全に手遅れになる前ならばより短期間で改善させる事もできますよ!

 

20代で若はげに悩んだらまずは育毛剤を試すことが現実的です。

⇒おすすめの育毛剤はこちらから

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
Pocket