ハゲる原因を徹底解説!薄毛に繋がる【本当の】ハゲる原因とは

薄毛に繋がる髪がハゲる原因とは?

シャンプーや男性ホルモン生活習慣で髪の毛から抜け毛が増えハゲる原因に

一般的に言われる4つのハゲる原因

  1. ストレス
  2. 不規則な生活習慣
  3. 自分に合わないシャンプーやリンス
  4. AGA

ほかのサイトやQ&Aサイトなどでよく挙げられているハゲる原因が以上の4つです。

決して間違いではありませんし大事なことです。

 

しかし、どう考えても納得がいかない部分がありませんか?

どれだけ生活リズムを改めても抜け毛や薄毛に悩みハゲが進行する人に対し、生活習慣に無精でもハゲにならない人がいる事実!

こうなってくると、もうどの情報を信じればハゲる原因や薄毛・抜け毛の進行を喰い止められるのか分からなくなってくるかもしれません。

ですが、それには理由があるんです。

それぞれのハゲる原因を対策すれば人の髪は生えるのか

例えば、一般的にハゲる原因と言われているストレスが原因の薄毛は、円形脱毛症と呼ばれるものがほとんど!

ストレスシャンプーや男性ホルモン生活習慣で髪の毛から抜け毛が増えハゲる原因に

ですが、あなたのハゲている場所が、M字の剃り込み部分や、つむじ部分の薄毛だとすれば・・・、

それはストレスが原因の薄毛ではないと思います。

というのも円形脱毛症というのは、特定の場所(つむじや前頭部)に出来るとは限らないんですよね。

髪の毛の抜け毛が気になる場合や眉毛、ひげ、鼻毛、腋毛、すね毛、陰毛などが薄くなってきた場合は円形脱毛症を疑ってみましょう。

 

ハゲる原因の生活習慣やシャンプー等について

規則正しい生活をしたり、シャンプーやリンスに気を遣っても薄毛は改善されない人が多く、実際のところ生活態度だけを改めても、髪の毛に悩んでいる男性は一向に減っていないんです!

現に、人によってはポテトチップスやコンビニスイーツを食べまくり、ホームセンターで一番安いシャンプーを使うだけの無精者だとしても抜け毛とは無縁で薄毛になっていないですよね?

人によってはどうしてこうも、ハゲだったりフサフサだったりと違いが出てくるのでしょう。

それは遺伝やホルモンがハゲる原因になっているから!!

ハゲる原因は男性ホルモンバランスにあり

シャンプーや男性ホルモン生活習慣で髪の毛から抜け毛が増えハゲる原因に

AGAを日本語に直訳すると男性型脱毛症と言います

テレビCMなんかで聞いたことがありませんか?

ハゲてしまう人の多くの原因であるAGAは、前頭部がM字に薄くなるor頭頂部の髪が細く、薄くなるのが特徴です。

 

あなたがその部分に該当するなら危険!

人間の身体って、自分が思う以上に男性ホルモンや女婿ホルモンが重要な役割を果たしているんです。

例えば、男性ホルモンが多いと毛深くなったりしますし、女性ホルモンが多いと、身体が丸みを帯びたり、肌がきれいになったりします。

そして、このホルモンというのは人によってバランスが違います。

ハゲ 原因 ホルモン
ですから人によって見た目や身体の特徴が違ったりするんです。

髪の太さや濃さも人によりそれぞれ違いますよね?

それと同じで、このホルモンバランスの乱れがハゲる原因となっているわけ

ハゲる原因AGAには4タイプが存在する

「男性型脱毛症」は大きく分けて4つある

  • 頭頂部を中心に次第に薄くなる O型
  • 前頭部が後退していく U型
  • 側頭部が後退していく M型
  • O型とM型の混合

シャンプーや男性ホルモン生活習慣で髪の毛から抜け毛が増えハゲる原因に

薄毛・ハゲと呼ばれる男性型脱毛症は多くの場合20代から30代発症すると言われています。

ですが、最近では10代でも頭皮の薄毛に悩まされる若者が増えつつあるんです。

 

頭皮の薄毛の初期症状

ちなみに、気になる頭皮の薄毛の初期症状というか、最初の症状の見られ方で報告があがっているものは、洗髪(シャンプー)の時やブラッシングの際に太く長い髪の毛(硬毛)が数多く抜けるというもの。

ただ、これが恐いのですが、髪の毛がハゲる原因となるAGAがある程度進行し始めると、抜け毛が一度減って目立なくなることがあるんです。

 

症状が治まったという訳ではなくて、毛包とよばれる毛髪のサヤの部分が小さくなって細く短い髪の毛になったからなんですけどね。

なので、最近、抜け毛があったなぁ。でも、なんか抜け毛が目立たなくなったりまぁいっかと思っているとまずいかもしれません。

ハゲる原因!?AGAはどうやって起こる?

シャンプーや男性ホルモン生活習慣で髪の毛から抜け毛が増えハゲる原因に

髪の成長をストップさせる素因とは

この直接の原因は、男性ホルモンの影響を受け毛母細胞に成長を阻害する因子が働きかけて毛周期を短縮させるためです。

ちょっと難しいので噛み砕くと本当はしっかり10cm伸びる髪の毛に、5cmくらいでもう十分だから抜けなさい。という信号が送られて、十分に成長する前に髪の毛が抜けてしまうんです。

シャンプーや男性ホルモン生活習慣で髪の毛から抜け毛が増えハゲる原因に

ちなみに、後頭部や眉毛はこの影響を受けないと言われています。

このハゲる原因になるAGAとホルモンの関係は深いといわれていて、思春期以前に男性機能を失うと男性ホルモンが作られなくなるので、AGAにならないことが昔から知られています。

なぜ男性ホルモンがハゲる原因になるのか

シャンプーよりも男性ホルモン 生活習慣で髪の毛の抜け毛が増える

ハゲる原因は男性ホルモンそのものではない!

男性ホルモンというのは一般には男らしい筋肉を作ったり髪の毛を太くするように働きます。だから別に男性ホルモン自体が悪い訳じゃないんですよね。

男性ホルモンが原因であれば、スポーツ選手や筋トレをしている人は全員若ハゲになってしまうので(^-^;

 

そうではなく、男性ホルモンのテストステロンは血中から毛乳頭に入ると、還元酵素等の働きによってテストステロンから「デヒドロテストステロン」というどこぞのプロレスラーか、ウル○ラの怪獣みたいな名前に変わります。

そうなると男性ホルモンの作用も、赤い彗星も真っ青の「5倍!」に変わります。

 

ハゲる原因はデビドロテストステロンにあり!

このデビドロテストステロンは、成長促進の因子を持っているのですが、こいつがかなりの問題児で。

5倍の成長因子に変わったデビドロテストステロンが前頭部、頭頂部に成長阻害因子を誘導し、本当はしっかり伸びるはずだった髪の毛に、「もう十分だから抜けなさい」と髪の毛を休止期に陥らせてしまうんです。

一度、成長期が短くなると、次の成長期も短くなり、髪の毛はどんどん細く短くなります。

成長期が短ければ、その分、抜け落ちるまでの時間が早くなります。

 

抜け毛が多い=髪の成長が短い⇒薄毛の完成

つまり抜け毛が多いっていうのは、髪の成長期が短くなったということ!成長期が短くなると、だんだんと髪の毛は細く短くなります。

さらに成長期が短くなると、その次に生えてくる髪の毛の準備も十分にできていない可能性が・・・。

よって、成長期が短くなるというサイクルを繰り返すことで、負のスパイラルに陥り、抜け毛が増え、短い毛が多くなり、生えてくるのが遅くなっていくんです。

シャンプーよりも男性ホルモン 生活習慣で髪の毛の抜け毛が増える

 

なので、もしあなたが、最近抜け毛が増えてきた

や、抜け毛はどうかわからないけど昔より頭皮が見えるだとか、髪の毛が細くなってきたような気がする。

といったことに原因の心当たりがあるなら、早めの薄毛対策や対応が必要かもしれません。

ハゲは男性だけの悩みじゃない!

ちなみに、ハゲが男性特有の症状だと思うなら大間違い!女性にも脱毛症があります。

女性の場合も、薄毛と言えば以前は高齢の方に多かったのですが、最近は20代30代でも散見されるようです。

こちらは、頭頂部(つむじ)を中心に毛の数が減り細くなる、もしくは髪の分け目を中心として薄くなる人が多いです。

いずれの場合でも髪の成長期が短くなり、抜け毛、薄毛が増えて行くことが共通のハゲる原因になります。

髪がハゲる原因!AGAは何歳から始まるのか

シャンプーよりも男性ホルモン 生活習慣で髪の毛の抜け毛が増える

髪の毛の成長期が短くなるのが、ハゲる原因だと何度も言っていますが。

「いつくらいの年齢で始まるのか?」気になるところですよね。

これはですね。人の成長とほぼ同じです。なので、20代がピークになります。

ピークを迎えたらあとは落ちていくので、抜け毛、薄毛の進行は、早い人の場合はなんと20代から始まることも。

書いている本人も18歳位から若ハゲの症状が出てきつつあったんですけどね・・・。

 

髪の量も大事ですが、髪の太さも薄毛に見えないようにするためには大事なポイントになります。

実際、薄毛に見える人って、髪の成長が十分にされずに長さが短く、太さが細いという特徴があるんですよね。

シャンプーも男性ホルモン 生活習慣で髪の毛の抜け毛が増える

こうして見ると「髪が薄い」というのは「髪が短く細い」とそう見えるということがよくわかります。

そんな髪の太さですが、こちらはいつ(年齢)くらいから細くなるのかというと、女性は、30代をピークに。

男性は、20代をピークに細くなる一方です・・・。

悲しいかな、これが人間、生物のあり方です。

ハゲる原因は薄毛遺伝子!?

シャンプーよりも男性ホルモン 生活習慣で髪の毛の抜け毛が増える

我々を悩ませるハゲの原因AGAの一番の原因は遺伝。

薄毛遺伝は自分からみて家系の誰をみるとその影響が強いのかなんですが、気になる正解。

それは!!!

「母方の祖父!!」です!

はい。これ、科学的にも証明されてるんですが、薄毛の遺伝は、母方の家系から受け継ぐことが多いようです。

なかでも母方の祖父からの影響が自分の中の頭髪遺伝に影響が大きいとのことでした。

ハゲる原因であるAGAは果たして治るのか?

ハゲ 原因と鏡

ハゲる原因は薄毛遺伝子。でもそれが治るのか?ここが一番気になるところ。

ですが、今は適切な対処をすればある程度薄毛治療は可能なまでになりました。

AGA治療薬と呼ばれる薬も出回っていますし、AGA治療専門の病院も存在します。

が、注意すべきは若ハゲAGA治療は健康保険の適応外になりやすいこと!

 

基本的に若ハゲAGA治療は美容目的と判断される。

目が悪い、耳が悪い、鼻が悪い、歯が悪いとなれば、日常生活に支障をきたすと判断され健康保険が適応されます。

その場合は、若い方であれば3割負担の医療費で住みますので、気軽に治療が可能です。

が、若ハゲに関しては当然ながら上記に当てはまらないので、基本的に健康保険が適応されません。

こちらからすれば若ハゲは深刻な悩みなんですが、日常生活に支障はないと見なされるんですよね。

なので治療費は全て自己負担です。

 

通院代も薬代も安くはないので、もしAGAを本気で治療するとなればかなりの負担になります。

それに耳鼻科や眼科、歯科などと違い、AGA治療専門の病院は数が多くありません。

なので地方にお住まいの人であれば、交通費の負担も重くのしかかるというデメリットも・・・。

ハゲたくない!ハゲる原因AGAを改善するにはどうすれば?

シャンプーよりも男性ホルモン 生活習慣で髪の毛の抜け毛が増える

ハゲる原因であるAGAを改善するのにはどうすれば良いのか?

手間やお金がかからず、なおかついい方法としてやはり一番手軽に出来るのが、育毛剤の使用だと思います。

既に生活習慣に気をつけている人も、これから髪の毛のために見なおしてみようと思っている人も、プラスして育毛剤による頭皮のケアを行うことがとっても大切!

でなければ、どんどん若ハゲの進行が加速してしまいます。

ハゲ対策の第一歩は育毛剤

  • 元手があまりかからないこと
  • 日常的に出来ること(負担が少ない)
  • 一気に変化しないので周りにバレにくいこと
  • 薄毛(AGA)を根本から解決できること

この4つが挙げられます。

頭皮の薄毛に最適な育毛剤は?

AGAの原因「デビドロテストステロン」をブロックする育毛剤

医師が認めたクリニック発の育毛剤

チャップアップ 解約方法

薄毛男性の中でもこんな人におすすめ

  • 配合されている成分の質が高く、薄毛に効果的な育毛剤を使いたい人
  • 育毛促進だけでなく、抜け毛の予防効果も期待できる育毛剤を使いたい人
  • 育毛剤とサプリメントを併用して本格的な薄毛対策に取り組みたい人
  • 発毛クリニックの医師が推奨する数少ない本物の育毛剤を使いたい人
おすすめ育毛剤チャップアップ公式ページ

育毛ケアは毎日続けてこそ!

悲しい話ではありますが、1日2日ちょっと薄毛・抜け毛対策をやっただけで簡単に髪の毛が生えてくることはありません。
毎日続けやすく、それでいて負担が少ないのが育毛剤の大きな魅力。

将来ツルツルにハゲて嘆くことのないよう、今からでも実践していきましょう!

⇒育毛剤おすすめランキング

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017